×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大人にきび 〜大人にきびの原因・予防・治し方〜

大人にきびとは文字通りおとなにできるにきびのことを言います。一昔前「にきびは青春のシンボル」などといわれてたこともありましたが、大人になってもにきびはできるのです。にきびは症状が進めば痛みや痒みを伴うこともありますし、化膿して見た目にも非常に悪い状態となります。さらに対処を間違えばにきび痕が残ってしまうことさえあります。そのような理由から大人にきびに悩んでいる人も多いでしょう。大人にきびの悩みを解決するためにはまず大人にきびについて正しい知識が必要だと思います。このサイトでは大人にきびについての原因、予防、治し方などの情報を集めてみました。

サイトトップ > 大人にきびとストレス

スポンサードリンク

大人にきびとストレス

大人にきびの原因のひとつとしてストレスが挙げられます。
大人にきびとストレスにはカテコールアミンという体内物質が深くかかわっています。
ストレスを身体に受けるとカテコールアミンという物質が体内で増加します。
カテコールアミンという物質が毛細血管を収縮させ、その結果血圧が上昇し心臓にも作用して心拍数も上げます。
心拍数が上ることにより貯えられている中性脂肪が血管にどんどん放出されるようになります。
これにより皮脂の分泌量が増加します。
さらにカテコールアミンは血小板をドロドロにするため血流が悪くなり、皮脂の質も悪くなります。
このようにストレスによって増えるカテコールアミンが皮脂の分泌を促進し、さらに皮脂の質も劣化させるためにきびのできやすい状態を作ってしまうのです。
さらにカテコールアミンによって血流が悪くなること自体もにきびができやすい状況を作ってしまいます。
血液の大きな役目として食べ物から吸収した栄養を運搬するというものがあります。
血流が悪くなることにより肌の保持に必要なタンパク質、ビタミンやミネラルなどの栄養素が運ばれにくくなり、肌のの新陳代謝が低下しターンオーバーも乱れてきます。
加えて活性酸素が発生し周囲の細胞を傷つけるため細胞本来の働きが低下し、傷の修復が遅くなります。
よってストレスが長期間続くとクレーターなどのにきび痕ができる要因にもなるのです。
スポンサードリンク

大人にきびの原因一覧

大人にきびとは?

大人にきびの種類

大人にきびの原因

大人にきびの予防

大人にきびの治療

大人にきび対策商品

リンク