×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大人にきび 〜大人にきびの原因・予防・治し方〜

大人にきびとは文字通りおとなにできるにきびのことを言います。一昔前「にきびは青春のシンボル」などといわれてたこともありましたが、大人になってもにきびはできるのです。にきびは症状が進めば痛みや痒みを伴うこともありますし、化膿して見た目にも非常に悪い状態となります。さらに対処を間違えばにきび痕が残ってしまうことさえあります。そのような理由から大人にきびに悩んでいる人も多いでしょう。大人にきびの悩みを解決するためにはまず大人にきびについて正しい知識が必要だと思います。このサイトでは大人にきびについての原因、予防、治し方などの情報を集めてみました。

サイトトップ > 大人にきびと活性酸素

スポンサードリンク

大人にきびと活性酸素

一昔前は大人にきびの進行の第一の原因はアクネ菌といわれ、治療もこのアクネ菌を殺菌することが第一と考えられてきました。
しかしながら最近の研究で、大人にきびにはアクネ菌だけでなく活性酸素も深く関わってきていることがわかってきて、アクネ菌を殺菌するとともに活性酸素を減らすことも治療の中に組み込まれてきています。
大人にきびの進行と活性酸素の産出のメカニズムの概要はこうです。
ストレスなどの影響で皮脂分泌が増加すると毛穴の内圧が上がって膨らんでしまい、この状態が持続してしまうと細胞はリパーゼという酵素を生産して皮脂を遊離脂肪酸という酸に分解します。
遊離脂肪酸は皮膚を刺激して破壊し炎症を起こし始めると、皮膚に存在するリンパ球が活性化され活性酸素を産出してしまいます。
活性酸素の刺激で皮膚の炎症がさらに進行し赤にきびや黄にきびへと進行します。
さらに活性酸素はアクネ菌とも密接に関係しています。
アクネ菌の排泄物ポリフィリンに紫外線が当たって活性酸素が発生することがわかってきました。
夏ににきびの症状が悪くなることが多いのですが、以前は暑さで汗をかきやすく、そのため肌が不潔になりがちで毛穴に埃などがたまりやすいことが原因だと考えられていました。
しかし大人にきびと活性酸素の関係が研究されていくうちに、夏ににきびの症状が悪くなることが多いのは、夏は紫外線を多量に受けるので活性酸素の発生が盛んになるためだということがわかってきました。
スポンサードリンク

大人にきびの原因一覧

大人にきびとは?

大人にきびの種類

大人にきびの原因

大人にきびの予防

大人にきびの治療

大人にきび対策商品

リンク