×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大人にきび 〜大人にきびの原因・予防・治し方〜

大人にきびとは文字通りおとなにできるにきびのことを言います。一昔前「にきびは青春のシンボル」などといわれてたこともありましたが、大人になってもにきびはできるのです。にきびは症状が進めば痛みや痒みを伴うこともありますし、化膿して見た目にも非常に悪い状態となります。さらに対処を間違えばにきび痕が残ってしまうことさえあります。そのような理由から大人にきびに悩んでいる人も多いでしょう。大人にきびの悩みを解決するためにはまず大人にきびについて正しい知識が必要だと思います。このサイトでは大人にきびについての原因、予防、治し方などの情報を集めてみました。

サイトトップ > 大人にきび予防と栄養

スポンサードリンク

大人にきび予防と栄養

大人にきびを予防、改善するためにはバランスの良い食事は必要だと述べましたが、そのためにもどのような栄養素がにきびと関わっているのかを知る必要があります。
ここでは大人にきびの予防、改善に重要な栄養素を紹介していきましょう。

たんぱく質
たんぱく質は細胞と細胞を結びつける接着剤のような役目を果たし、肌の水分を保ち外からの最近や埃から肌を守る役割を担っています。
たんぱく質が不足すると肌荒れ、敏感肌、そしてにきびのでき易い肌になってしまいます。
さらに皮膚の真皮といわれる部分の構成物質であるコラーゲンはたんぱく質でできており、肌の再生促進にもたんぱく質は欠かせません。

ビタミンA
ビタミンAは丈夫な肌を作るのに欠かせないビタミンです。
肌が丈夫ならばにきびができても化膿や炎症を起こしにくく、回復も早くなります。
肌に限らず身体の各部位は細胞が集まってできています。
細胞の一つ一つは細胞膜によって守られていますが、その細胞膜を作るのに欠かせないのがビタミンAです。

ビタミンB1、B2
にきびの原因のひとつである皮脂の分泌に深く関わっています。
ビタミンB1、B2が不足すると皮脂の過剰分泌などを引き起こします。

ビタミンB6
摂取されたたんぱく質はアミノ酸に分解され身体の各部位に運搬されますが、ビタミンB6はアミノ酸に働きかけ肌の再生の手助けをします。

ビタミンC
ビタミンCはたんぱく質からコラーゲンを生成するのに深く関わっています。
また、ビタミンCはストレスから身体を守るホルモンの合成に使われており、ビタミンCが不足するとストレスへの身体の対処がうまくいかず、にきびのできやすい状況を作ってしまいます。
さらにビタミンCには生成を抑制する作用があり、ビタミンCの抗酸化作用によりメラニンを脱色する働きもあるので、にきび痕のシミの予防、改善にも重要です。

ビタミンE
ビタミンEは肌の潤い成分とも言われ、肌の潤いを保つのに重要な役割を果たしています。
ビタミンEが不足すると乾燥肌などの原因となり、にきびのできやすい環境となってしまいます。
また、ビタミンEは血行を促進する働きもあります。
酸素や栄養素を身体の各部位に運ぶのは血液であり、血行が悪いと酸素と栄養がいきわたらず様々な障害が出てきます。
肌に関して言えば肌のターンオーバーがうまくいかなかったり、にきびやにきび痕の回復が遅くなったりします。

カルシウム
本来、皮膚の上部は弱酸性、内部の方は弱アルカリ性を保持していますが、このバランスを保持するのに必要なのがカルシウムです。
食生活の乱れやストレスなどでこのバランスが崩れることがあります。
このバランスが崩れると皮膚の抵抗力が弱まり、炎症を起こしやすくなったり痒みが起こったりします。
こうなるとにきびのできやすい状態となり、またにきびが治癒しにくい状態となります。

鉄分
鉄分が不足すると赤血球が不足してきます。
赤血球は血液の中で酸素や栄養分を運搬する役目を持っているので、赤血球が不足すると酸素や栄養素が肌に十分いきわたらなくなります。
スポンサードリンク

大人にきびの予防一覧

大人にきびとは?

大人にきびの種類

大人にきびの原因

大人にきびの予防

大人にきびの治療

大人にきび対策商品

リンク