×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大人にきび 〜大人にきびの原因・予防・治し方〜

大人にきびとは文字通りおとなにできるにきびのことを言います。一昔前「にきびは青春のシンボル」などといわれてたこともありましたが、大人になってもにきびはできるのです。にきびは症状が進めば痛みや痒みを伴うこともありますし、化膿して見た目にも非常に悪い状態となります。さらに対処を間違えばにきび痕が残ってしまうことさえあります。そのような理由から大人にきびに悩んでいる人も多いでしょう。大人にきびの悩みを解決するためにはまず大人にきびについて正しい知識が必要だと思います。このサイトでは大人にきびについての原因、予防、治し方などの情報を集めてみました。

サイトトップ > 大人にきびの予防のための洗顔

スポンサードリンク

大人にきびの予防のための洗顔

大人にきびを予防するためには洗顔は非常に重要です。
顔は体の中でも皮膚の分泌物が多く服で覆われてもいないので、最も汚れやすい皮膚であるとも言えます。
洗顔することで過剰な皮脂や汚れ、古くなった角質を取り除き、毛穴が詰まりにくい状態を維持することがにきび予防には欠かせないのです。
しかしながら、洗顔方法を間違うと逆に大人にきびを悪化させてしまうこともあります。
大人にきび予防のための洗顔のポイントとして、まずはぬるま湯(30〜34℃)を使うことです。
ぬるま湯を使うことにより毛穴が開いて毛穴のより奥の汚れを落とすことができます。
ただし手で顔を強くこするとにきびが悪化する場合があるので注意が必要です。。
石鹸や洗顔料などをよく泡立てて、スポンジなどを使うと肌への刺激が少なくてすみます。
よく泡立てることにより細かな泡の粒子が毛穴まで入り込んでにきびの原因になる余分な皮脂や汚れを綺麗に取り除いてくれますし、泡が手と顔の皮膚の間のクッションとなって刺激を和らげる働きもします。。
石鹸や洗顔料を洗い流すときは、泡を残さないように全て洗い流します。
洗い残しは皮膚の炎症などの原因となります。
最後に細菌に汚染されないように、清潔なタオルで優しく水分を吸収します。
にきびにはスクラブ洗顔剤や消炎剤などの刺激物質を含んだ洗顔料は避けるべきです。
にきび予防にはとにかく刺激の少ない洗顔料が適しています。
最近ではにきび予防のための石鹸や洗顔料なども販売されているので、それらを利用するのもいいでしょう。
洗顔は回数が多すぎても逆効果になります。
洗顔が多すぎると肌に必要な皮脂まで落としてしまいます。
皮脂は肌に潤いを与え外からの刺激から肌を守る役目を持っているので、洗顔のし過ぎで皮脂が足らなくなると、足らなくなった分を補おうとして皮脂の分泌が活発になってしまいます。
1日に2〜3回ぐらいがちょうどいいといわれていて、5回以上になると多すぎるでしょう。
スポンサードリンク

大人にきびの予防一覧

大人にきびとは?

大人にきびの種類

大人にきびの原因

大人にきびの予防

大人にきびの治療

大人にきび対策商品

リンク